新興市場の銘柄を信用取引を使って手堅く儲けよう

新興市場には優良銘柄もあるので安い時に狙おう

新興市場の銘柄の中には利益水準が高く、今後も成長を期待できる優良銘柄があります。見つけ方は、四季報などで会社が利益の急成長を予想している銘柄を探すことですね。狙い時は一時的な上昇をした後、大きく値下がってしまった時です。新興市場の銘柄は年初来高値をつけた後に下がり始めると、年初来安値を更新するまで下がり続けることがあるんですよ。その安値を更新する付近で信用取引を使って買うと、利益を出せる可能性があります。ですが、そのまま下がってしまうこともあるので、一気に買わずに余力を残して買うといいですよ。

新興市場の中には豊富に資産を持つ企業もある

新興市場の中には豊富に資産を持つことから、PBRが1を大きく割り込んでいる銘柄もあります。敬遠されている理由としては一族で経営をしている、投資家軽視の姿勢をとっているなどが挙げられますね。信用取引で株を買うと、すぐには変化がありませんが、時間が経てば配当を増やすことがあります。そのため、買って我慢をして持ち続けて、何らかの変化を期待するのも良い手法ですね。また、豊富な資産に目をつけた大きな会社が買収を仕掛ける場合もあります。

新興市場の銘柄は決算時期に下がった時が狙い目

新興市場の銘柄は、決算時期になると毎年大きく値下がるため、優良銘柄や低PBR銘柄などは買いの好機かもしれないです。儲けるコツは買った後は企業を信じてとにかく待つことですね。信用取引を使って買ったのですから、不安なのはわかりますが、株取引に必要なのは我慢です。世界情勢などが急変した時は、値下がりは仕方ない面もありますが、滅多にそういう状況は来ないので大丈夫ですよ。我慢して待ち続ければ、新興市場は値動きが大きいので、それなりに利益を出せるかもしれないです。

株の信用取引は、ハイリスクハイリターンの金融商品であることから、取引を行う際には様々なリスク管理が重要になります。また、株の信用取引の金利の注意点として、証券会社によって金利が異なる事も上げられます。