人気急上昇中!ファンドラップという新しい金融商品

ファンドラップの基本を知ろう

ファンドラップというのは、まとまったお金を専用口座に入れておけば証券会社の方で勝手に運用を進めて行ってくれるという、比較的新しい資産運用サービスのことです。ファンドラップ専用口座を開き、そこにただお金を入れておけばいいだけです。どのような資産運用をしたいのかをあらかじめ証券会社に伝えておけば、そのスタイルに合った商品を選んで勝手に売買をしていってくれます。とにかく手間をかけたくないという人には最適な金融サービスになる可能性が高いです。

ファンドラップはこんな人に便利

忙しい人は、自分で投資をする時間がないものですよね。本業に少しでも時間がかけたいという場合には、ファンドラップは大変有効な手段になることでしょう。何しろ、ほとんど完全放置で資産運用が進んでいくからです。しかも、証券会社はある程度は自分の望み通りに運用を進めて行ってくれます。あまりリスクは取りたくないと伝えておけば、安定した世界株などで運用をしていってくれるわけです。ファンドラップを使えば、世界経済についての勉強もしなくてよくなります。

ファンドラップのデメリット

これほどまでに便利なファンドラップではありますが、もちろんデメリットがないわけではありません。証券会社に余分に手数料を支払わなければならない点は大きいですね。ただ、そうは言っても手数料の額も数%程度なので、それほど大きな額が必要になるわけではありません。投資の専門家に年数%の手数料のみで運用を代理してもらえるというのは、考えようによってはお得かもしれませんね。細かい部分で自分の狙いと違う売買がなされることもありますが、それは仕方ないことでしょう。

ファンドの会社とはお客さんから集めた資金を使って利益を上げます。リスクが高いほどハイリターンとなる傾向があります。