心理学が楽しくなる学び方!心理学に対する視野が広がるかも?

ギリシャ神話を読みつくそう

ギリシャ神話と心理学とは、かけ離れた姿に見えますが、実は心理学にとって影響のある話なのです。ギリシャ神話に出て来るカインとアベルの話は、心理学で語られるカインコンプレックスがあります。人形に愛した王様が、食事をとらずに愛し続け、その哀れな姿に心配をした女神が人形に命を与えた話もあるのです。このギリシャ神話は、信じる事によって夢が叶う、ピグマリオン王から名付けられたピグマリオン効果ですよ。現実世界で言えば、先生が生徒に、君なら出来ると言う事によって、その言葉を信じて夢が叶う効果ですよね。この様に、ギリシャ神話を読む事によって、心理学の世界をより深く知り尽くす事が出来ますよ。

心理学は自身と近い学問である

自身に関わりの薄い学問は、興味を抱く事も無く、学ぶ意欲が薄くなる事もありますよね。心理学は、学ぶ人も心を持ち合わせているため、身近な学問として興味を作り出して行く事が出来ますよ。例えば、条件反射の中には、人の嘔吐している姿を見ると、自身も嘔吐する反応を引き起こす事もあります。これは、自身の体にも毒が入っている可能性があると判断から来る条件反射ですよ。古代に至っては、集団で毒に遭い、多くの命が失われて来た事もあったかもしれませんよね。生き残る反応として、DNAに条件反射が刻み込まれていると言えますよね。

心理学を使って小説を書いてみよう

心理学の多くは、人の心を扱った学問ですよね。人の心を扱った表現の中には、小説なども挙げられます。学んだ心理学を扱って、小説を書いて見る楽しさがありますよ。頭で考える事によって、心理学用語に対する記憶を高める事にも繋がりますよね。インターネット上で公開すれば、小説家としてデビュー出来るかもしれません。復習する場合においても、直ぐに確認する事も可能です。小説は、素材集めのために、様々な事に意識を配る必要性がありますよね。この姿は、観察力を高め、心理学を学ぶ効果を高めてくれるかもしれませんよ。

心理学の大学は心理学を学びたいなら、ぜひ、行ってみることをおすすめします。良い教授に巡り合えれば講義も楽しいです。